【1】実験課題
嫌気性細菌に対する腐植物質抽出液(マリネックス)の殺菌効果および速度の観察

【2】実験内容
1.実験場所
(A)当社/工場内滅菌室
(B)オリンパス株式会社大阪支社/展示場

2.実験方法
(A)検体/大阪市長居公園砂場の砂に生息する大腸菌を精製水で洗い、その検水を顕微鏡で観察する。
(B)大腸菌の遊泳する検水にマリネックス100倍希釈液を1滴添加、観察する。

【3】実験期間
平成14年1月30日〜2月7日

【4】実験結果

■結果内容
検水を顕微鏡に映し出された鏡面で観察すると、10〜15個の大腸菌が遊泳しており、その他にも微細な菌(一般細菌)も動いているのが確認できた。
その状況にマリネックス100倍希釈液を1滴添加すると、大腸菌やその他の微細な菌も静止した。
特に大腸菌は生存中は細長い形態でピコピコと動いていたのが、3〜4分の1程度に小さい破片状の形態に分散していた。
細胞が破砕されたもので即殺した。
この結果内容を受け、当顕微鏡には撮影装置が装備されていないため、メーカーの展示場でデモ機を使用してテレビモニターやデジタルカメラに映し出して確認した結果も、自社内の実験同様の結果を得た。
添付写真はマリネックス処理後の写真である。

■結果考察
以前から腐植物質抽出液は殺菌・抗菌が認められており、今回対象とした大腸菌は増殖力が激しく、1個の菌が1分間に6億個に増殖すると言われている。
この結果とは別に別途実験(大阪府立大学/魚病菌の殺菌効果)でも確認され、担当教授もコメントされた通り、この効果の判定は強い酸性域か、含有成分によるものか断定については今後の課題と言われたが、私的見解として相乗効果と見るのが妥当と推察する。